読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAPPORo LIFE

Less is a Bore

XQ2ぶらり #19 豊平川をぶらり、のち桜少々

河原っていいですよね。
何がいいかって、別に言葉に出来ないんですけれど、
なんとなく、とても良いんですよね。

最近ボクの友人が、ブルース・リーの言葉を引用して、
考えるな、感じろ。とよく言います。
きっとそういうことなんだと思います。


DSCF2929


DSCF2941


DSCF2931


DSCF2932


DSCF2930


DSCF2937


DSCF2938


DSCF2944


DSCF2943


DSCF2947



桜の話題が飽きられたころ、
思い出したかのように咲くのが札幌流です。

 

サクラあっぱれーしょん(初回限定盤B)
 

 

XQ2ぶらり #18 上海をぶらり

上海に行ってました。
とても刺激的な街でした。
写真を1,000枚くらい撮ってしまいました。
機会があれば載せていきます。

ユニークなのは、街行く人はみなリラックスしているのだけれど、
センスや活気が尖っているところ。魅力的な街でした。


DSCF2657


DSCF2680


DSCF2698


DSCF2693


DSCF2689


DSCF2695



更に良いカメラで撮りたくなりますね。

 

 

XQ2ぶらり #17 新さっぽろをぶらり 05

新さっぽろの撮りためもこれくらい。
また撮りに行きたいなと。その前に上海に行く予定ですが。


DSCF1979


DSCF1797


DSCF1794


DSCF1795


DSCF1887


DSCF1971


DSCF1802


DSCF1914


DSCF1958



やっぱり ARC CITY かっこいいですね。

 

 

 

XQ2ぶらり #16 新さっぽろをぶらり 04

新さっぽろは、建物が複雑なので、光も複雑です。
トワイライトタイムを狙って行ったのですが、正解でした。
朝の陽射しや、日中の陰影、曇天の平べったい光も撮りたいですね。


DSCF1902


DSCF1905


DSCF1906


DSCF1891


DSCF1892


DSCF1885


DSCF1896



でっかいバズーカみたいなレンズと一眼レフが欲しくなりました。

 

 

恋は光 1 (ヤングジャンプコミックス)

恋は光 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

XQ2ぶらり #15 新さっぽろをぶらり 03

新さっぽろには本当に愛すべき光景が溢れています。
実は薄着で行ったので、寒くて結構すぐに退散したのですが、
もう少しじっくりまわれば、もっと良い光景に出会えるかも。


DSCF1847


DSCF1831


DSCF1829


DSCF1826


DSCF1818


DSCF1817


DSCF1814



動線が複雑すぎて、迷子になります。

 

 

動線の美学―階段・手摺・通路 (村野藤吾のデザイン・エッセンス)

動線の美学―階段・手摺・通路 (村野藤吾のデザイン・エッセンス)

 

 

XQ2ぶらり #14 新さっぽろをぶらり 02

新さっぽろの色々な表情をお届けする、新さっぽろプロジェクト。
今回は、夜の裏口です。艷やかでしっとりした表情を見せてくれています。
こういう写真が撮りたかった。とてもお気に入りの面々です。


DSCF1996


DSCF1991


DSCF1990


DSCF1995


DSCF1994


DSCF1993


DSCF1992



青少年科学館は、いつでもボクをワクワクさせてくれます。

 

 

アッチェレランド (海外SFノヴェルズ)

アッチェレランド (海外SFノヴェルズ)

 

 

XQ2ぶらり #13 新さっぽろをぶらり 01

札幌には、「新さっぽろ」というネーミングからしてセンス抜群の街があります。
この街の中心にある ARC CITY は、いわゆるバブル期の、コテコテの建築です。
複雑な動線。華美な装飾。ポストモダンとはこのことかと。

めちゃくちゃ魅力的なこの街も、再開発の噂が。
そこで、もともとカメラをやっている友人と、
アーカイブを作るために撮りためることにしました。
新さっぽろプロジェクトとでも言いましょうか。
これから時間を見て通いたいと思っています。


DSCF1968


DSCF1957


DSCF1948


DSCF1950


DSCF1915


DSCF1897


DSCF1856



小さいころの思い出が蘇ってきます。

 

10+1 No.32 特集=80年代建築/可能性としてのポストモダン

10+1 No.32 特集=80年代建築/可能性としてのポストモダン